« Windows 8 90日評価版 | トップページ | Parallels DesktopとWindows 8のアップグレード »

2012年10月19日 (金)

iMac(Late 2009)の修理

最近、私のiMac(Late 2009) 27インチモデルでハードディスクの調子が徐々に悪くなり、ディスクユーティリティで調べるとS.M.A.R.T.エラーが検出されるようになってしまった。

修理に出そうと思いつつも忙しくて放置していたのだが、最近AppleのiMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラムの対象製品が拡大されてLate 2009モデルも対象となったため、シリアル番号を調べたところ、私のiMacも該当していることが分かった。

10/15にピックアップ&デリバリー修理サービスを依頼し、無償修理されたiMacが本日返送されてきた。

私はiMacを4台使用しているが、最初のiMac G5は「ビデオと電源に関するリペアエクステンションプログラム」の対象で修理を依頼しており、3台目のiMac(Mid 2007)はビデオカードの初期不良で修理を依頼している。

どうやら私はiMacとはあまり相性がよくないようだ。

【追記】
今日(10/20)になってAppleから「お客様のiMacに関する重要なお知らせ」として、私のiMacが交換プログラムの対象となっているとのお知らせが来た。

|

« Windows 8 90日評価版 | トップページ | Parallels DesktopとWindows 8のアップグレード »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/55926725

この記事へのトラックバック一覧です: iMac(Late 2009)の修理:

« Windows 8 90日評価版 | トップページ | Parallels DesktopとWindows 8のアップグレード »