« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月22日 (火)

Parallels Desktop 6 (ビルド11994)リリース

ParallelsがParallels Desktop 6 (ビルド11994)をリリースしている。
Readmeファイル(PDF)

変更点はMac OS X 10.6.5および10.6.6との互換性問題の解決のみ。

【追記】
3/2付けでラネクシーから日本語版もリリースされた。

| | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

VirtualBox 4.0.4 リリース

Oracleが2/17付けでOracle VM VirtualBox 4.0.4をリリースしている。

メンテナンスリリースのためバグFixのみで機能面での変更はないが、ゲストとして新たにX.Org 1.10 プレリリース版とUbuntu 11.04 Alphaがサポートされている。
(Changelog)

| | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

Arch Hurd LiveCD

Debian GNU/kFreeBSDをインストール中、「そういえばDebian GNU/Hurdって今どういう状況なんだろう?」と思って検索していたところ、Arch Hurdというディストリビューションの存在を知った。これはArch LinuxのユーザーランドをGNU Hurd上に移植したもの。

プロジェクトは2010年の1月に発足し、現在はLiveCDが提供されている。LiveCDを使ってHDDへインストールもできるようだが、少々手間がかかるようで、簡単なインストーラはまだ用意されていない模様。

公式のLiveCDはコマンドラインインターフェースだが、Latest Newsで紹介されている非公式のグラフィカルLiveCD(バージョン0.01beta)を試してみた。ウィンドウマネージャはOpenboxが採用されている。
Hurd

| | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

Debian 6.0(Squeeze)リリース

Debianプロジェクトが2/6付けでDebian 6.0(コードネームSqueeze)をリリースしている。

テクノロジープレビューという扱いではあるが、FreeBSDカーネルにDebianユーザーランドを搭載した「Debian GNU/kFreeBSD」も同時リリースされている。
Gnukfreebsd


| | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

Windows Home Server 2011 RC版公開

Microsoftが次期Windows Home Serverのリリース候補版を公開している(公式blogより)。

Microsoft Connectに登録すれば無償でダウンロードできる。

これまでは開発コード名で「Vail」と呼ばれていたが、正式名称は「Windows Home Server 2011」と発表された。

なお、Windows Home Server 2011はWindows Servrer 2008 R2 SP1(ビルド7601)をベースとしているため64bit版のみ。公開されたのは英語版のみだが日本語表示と入力は可能。
Whs2Whs3


| | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

CrossOver & Games 10.0.1 リリース

CodeWeavers社がCrossOverおよびCrossOver Games 10.0.1をリリースしている。

変更点はMac版の英語以外のロケールでのプログラムメニューの修正だけなので、Linux版は更新されていない。

ただし、1/28の記事で書いたように日本語リソースでは「Window」メニューが「Windowsフォント」になっているなど訳がおかしい部分があり、これは10.0.1でも修正されていない。
(一応フォーラムで指摘済み)

なお、CodeWeavers社はバージョン10を「Impersonator」(ものまね役者)と呼んでいる。
開発コードネームのようなものかと思っていたのだが、Mac OS X 10.6の「Snow Leopard」のようにバージョン10に対して付けられた名称らしい。
Cxg1001

| | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »