« VirtualBoxの将来の機能 | トップページ | VirtualBox 4.0の仮想メディアマネージャ »

2010年12月18日 (土)

VirtualBoxでraw diskを利用する

VirtualBox 4.0 Beta4のChangeLogを見ていたところ、「Storage: fixed raw disk access on OS X」という記載に気がついた。

3.0.4リリース時に試したときはBoot Campパーティションにインストール済みのWindowsを使った起動は成功しなかったが、4.0 Beta4では起動に成功した。
(最近試していなかったので、4.0 Beta4以前にFixされていた可能性もある)

手順はフォーラムと、リンクされているAnil Dash氏のblogを参考にした。

ただし、Boot Campパーティションからの起動はVirtualBoxで正式にサポートされた機能ではないので、試す場合は自己責任で。

(1) ディスクユーティリティでBoot Campパーティションをマウント解除する。
(2) ターミナルで以下のコマンドを実行

sudo chmod 777 /dev/disk0s3
sudo VBoxManage internalcommands createrawvmdk -rawdisk /dev/disk0 -filename raw.vmdk -partitions 3
sudo chown 自分のユーザー名 *.vmdk

(3) 「raw.vmdk」と「raw-pt.vmdk」が作成されるので、 新規仮想マシンを作成し、仮想ディスクとして「raw.vmdk」を指定する。

「raw.vmdk」は実ディスクへのアクセス情報しか含んでいないため、サイズが非常に小さいことが分かる。
Vb4_bcVb4_bc2

|

« VirtualBoxの将来の機能 | トップページ | VirtualBox 4.0の仮想メディアマネージャ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/50334802

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBoxでraw diskを利用する:

» 別パーティションのWindowsをVirtualBoxで立ち上げる。 [えっ?タイトルなんて特に無いですけども…]
OSXを起動中に、利用したいソフトがWindowsにしか対応していない。 わざわざBootCampでXPを立ち上げるのが面倒だ。 (OSX86環境でDualBoot環境のWindowsも含む。) そんなコト頻繁にありませんか? 新...... [続きを読む]

受信: 2012年8月16日 (木) 22時37分

« VirtualBoxの将来の機能 | トップページ | VirtualBox 4.0の仮想メディアマネージャ »