« VirtualBox 4.0 Beta1公開 | トップページ | VirtualBoxでraw diskを利用する »

2010年12月11日 (土)

VirtualBoxの将来の機能

VirtualBox 4.0(ベータ版)のChange logに新機能として書かれていた「 support for copying files into the guest file system」が具体的にどういう機能か分からなかったのだが、「VBoxManage guestcontrol copyto」というコマンドでホストOS側のファイルをゲストOS側にコピーする機能らしい。
(現状ではゲストOSからホストOS側へのファイルコピーには対応していない)

現状VirtualBoxは他の仮想化ソフトのようにホストOSとゲストOSの間のドラッグ&ドロップによるファイルコピーをサポートしていないが、公式フォーラムによれば本機能はドラッグ&ドロップのサポートの準備段階に相当するとのことで、順調に行けばバージョン4.1あたりでドラッグ&ドロップに対応するかもしれない。

また、リソースの翻訳中にWDDMドライバに関するテキストが追加されていることに気がついた。
ドライバの開発も以前から進められているので、近いうちにVirtualBoxでAeroインターフェースが動作するようになるかもしれない。
CopytoWddm

|

« VirtualBox 4.0 Beta1公開 | トップページ | VirtualBoxでraw diskを利用する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/50268378

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBoxの将来の機能:

« VirtualBox 4.0 Beta1公開 | トップページ | VirtualBoxでraw diskを利用する »