« VirtualBoxでraw diskを利用する | トップページ | CrossOver Games 9日本語版リリース »

2010年12月18日 (土)

VirtualBox 4.0の仮想メディアマネージャ

これまでVirtualBoxでは仮想メディア(HDD、CD/DVD、FDのイメージファイル)を一旦「仮想メディアマネージャ」に登録し、各仮想マシンは登録済みメディアから使用するメディアを選択していた。

しかし、4.0で新規仮想マシンを作成した場合、「仮想メディアマネージャ」は使用されない。
仮想メディアはParallels DesktopやVMware Fusionのように仮想マシンに直接割り当てる仕様に変更された。

旧バージョンとの互換性を維持するため、「仮想メディアマネージャ」は残されているが、メディアの新規作成や追加登録のアイコンは削除されており、登録の解除のみが行える。

これに伴い、仮想ハードディスクイメージファイルのデフォルトの格納場所も変更されている。
(例:Mac OS Xホスト版の場合)

・バージョン4.0未満
[ホーム]-[ライブラリ]-[VirtualBox]-[HardDisks]

・バージョン4.0以降
[ホーム]-[VirtualBox VMs]-[仮想マシン名]

そのほか、設定ファイルの名称も変更されている(*.xml→*.vbox)。
Vmm

|

« VirtualBoxでraw diskを利用する | トップページ | CrossOver Games 9日本語版リリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/50337430

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBox 4.0の仮想メディアマネージャ:

« VirtualBoxでraw diskを利用する | トップページ | CrossOver Games 9日本語版リリース »