« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月23日 (木)

Parallels Desktop 6 (ビルド11992)リリース

ParallelsがParallels Desktop 6 (ビルド11992)をリリースしている。
Readmeファイル(PDF)

変更点はBoot Campパーティションから起動した仮想マシンのディスクアクセスに関する問題の修正や2GB以上のメモリを割り当てた仮想マシンでSATA接続の仮想CD/DVDサポートに関する問題の修正など。

| | トラックバック (0)

VirtualBox 4.0 リリース

Oracleが12/22付けでOracle VM VirtualBox 4.0リリースしている。
(Changelog)

バージョン4ではライセンス形態が大きく変更された。

従来はフル機能を備えたクローズドソース版(PUEL:VirtualBox Personal Use and Evaluation License)のバイナリと一部機能を削除したオープンソース版(GPLv2)のソースコードがリリースされていた。

バージョン4では基本部分(ベースパッケージ)のバイナリとソースコードの両方がGPLv2で公開され、一部機能のみが機能拡張パッケージ(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)としてバイナリで提供される。

従来クローズドソースの部分に含まれていたUSB 1.1と共有フォルダ機能はオープンソース化されてベースパッケージに含まれるようになったため、機能拡張パッケージとして提供されるのはUSB 2.0、RDPサーバー、PXEブートの3機能となっている。

Oracle VM VirtualBox Extension PackのライセンスはPUELなので、フル機能を使用する場合でも個人利用や評価目的であれば無償で利用できるのは従来どおり。

また、サードパーティが作成した機能拡張パッケージを追加して機能を追加することも可能な設計となっている。

これまで一部のLinuxディストリビューションはライセンス上の制限からクローズドソース版のVirtualBoxをプリインストールできず、オープンソース版をビルドして同梱していたが、ユーザーがフル機能を使いたい場合、一旦オープンソース版をアンインストールし、クローズドソース版を再インストールする必要があった。

バージョン4以降では、ベースパッケージのバイナリを同梱できるため、フル機能を使う場合に再インストールの必要はなく、機能拡張パッケージを追加するだけでよい。
Vb4Vb4ext

| | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

CrossOver Games 9日本語版リリース

ネットジャパンが本日付けでCrossOver Games 9日本語版のダウンロード販売を開始している。
8日間試用できる体験版も公開されている。

バージョンは9.2で英語版の最新と同じ。
英語版は5月に9.0がリリースされ、Crossover MacもGamesも10月に9.2にアップデートされていた。

今回、CrossOver Mac日本語版は9.0.2のままアップデートされていないようなので、日本語版に関してはGamesのほうがバージョンが先行することになる。

| | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

VirtualBox 4.0の仮想メディアマネージャ

これまでVirtualBoxでは仮想メディア(HDD、CD/DVD、FDのイメージファイル)を一旦「仮想メディアマネージャ」に登録し、各仮想マシンは登録済みメディアから使用するメディアを選択していた。

しかし、4.0で新規仮想マシンを作成した場合、「仮想メディアマネージャ」は使用されない。
仮想メディアはParallels DesktopやVMware Fusionのように仮想マシンに直接割り当てる仕様に変更された。

旧バージョンとの互換性を維持するため、「仮想メディアマネージャ」は残されているが、メディアの新規作成や追加登録のアイコンは削除されており、登録の解除のみが行える。

これに伴い、仮想ハードディスクイメージファイルのデフォルトの格納場所も変更されている。
(例:Mac OS Xホスト版の場合)

・バージョン4.0未満
[ホーム]-[ライブラリ]-[VirtualBox]-[HardDisks]

・バージョン4.0以降
[ホーム]-[VirtualBox VMs]-[仮想マシン名]

そのほか、設定ファイルの名称も変更されている(*.xml→*.vbox)。
Vmm

| | トラックバック (0)

VirtualBoxでraw diskを利用する

VirtualBox 4.0 Beta4のChangeLogを見ていたところ、「Storage: fixed raw disk access on OS X」という記載に気がついた。

3.0.4リリース時に試したときはBoot Campパーティションにインストール済みのWindowsを使った起動は成功しなかったが、4.0 Beta4では起動に成功した。
(最近試していなかったので、4.0 Beta4以前にFixされていた可能性もある)

手順はフォーラムと、リンクされているAnil Dash氏のblogを参考にした。

ただし、Boot Campパーティションからの起動はVirtualBoxで正式にサポートされた機能ではないので、試す場合は自己責任で。

(1) ディスクユーティリティでBoot Campパーティションをマウント解除する。
(2) ターミナルで以下のコマンドを実行

sudo chmod 777 /dev/disk0s3
sudo VBoxManage internalcommands createrawvmdk -rawdisk /dev/disk0 -filename raw.vmdk -partitions 3
sudo chown 自分のユーザー名 *.vmdk

(3) 「raw.vmdk」と「raw-pt.vmdk」が作成されるので、 新規仮想マシンを作成し、仮想ディスクとして「raw.vmdk」を指定する。

「raw.vmdk」は実ディスクへのアクセス情報しか含んでいないため、サイズが非常に小さいことが分かる。
Vb4_bcVb4_bc2

| | トラックバック (1)

2010年12月11日 (土)

VirtualBoxの将来の機能

VirtualBox 4.0(ベータ版)のChange logに新機能として書かれていた「 support for copying files into the guest file system」が具体的にどういう機能か分からなかったのだが、「VBoxManage guestcontrol copyto」というコマンドでホストOS側のファイルをゲストOS側にコピーする機能らしい。
(現状ではゲストOSからホストOS側へのファイルコピーには対応していない)

現状VirtualBoxは他の仮想化ソフトのようにホストOSとゲストOSの間のドラッグ&ドロップによるファイルコピーをサポートしていないが、公式フォーラムによれば本機能はドラッグ&ドロップのサポートの準備段階に相当するとのことで、順調に行けばバージョン4.1あたりでドラッグ&ドロップに対応するかもしれない。

また、リソースの翻訳中にWDDMドライバに関するテキストが追加されていることに気がついた。
ドライバの開発も以前から進められているので、近いうちにVirtualBoxでAeroインターフェースが動作するようになるかもしれない。
CopytoWddm

| | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

VirtualBox 4.0 Beta1公開

OracleがVirtualBox 4.0 Beta1を公開している。
(フォーラムのアナウンス)

注:USBやRDP等の一部機能を使用するには上記フォーラムでリンクされている外部パッケージ(external packages)を環境設定の「Extensions」で指定する必要がある。

【追記】
12/9付けでBeta2が公開された。
【追記2】
12/14付けでBeta3が公開された。
【追記3】
12/17付けでBeta4が公開された。
Vb4b1

| | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

VMware Fusion 3.1.2リリース

Mac用仮想化ソフトのアップデートが続いているが、VMwareがVMware Fusion 3.1.2をリリースしている。
(リリースノート)

マイナーアップデートのためバグFixとセキュリティ関連の更新のみ。

| | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

Parallels Desktop 6 (ビルド11990)リリース

ParallelsがParallels Desktop 6 (ビルド11990)をリリースしている。
Readmeファイル(PDF)

ReadHat EL 6とFedora 14に対応したほか、いくつかのバグがfixされている。
「Address an issue when Parallels Desktop won't start.(Parallels Desktopが起動しない問題に対処)」という記載があるが、発生条件が書かれてないためラネクシーのFAQの「スナップショットを作成した仮想マシンでセーフモードおよびアンドゥ ディスク機能を使うと仮想マシンが起動しなくなる問題」のことなのかは不明。

【追記】
ラネクシーから日本語版のビルド11990も公開された。「スナップショットを作成した仮想マシンでセーフモードおよびアンドゥ ディスク機能を使うと仮想マシンが起動しなくなる問題」は未解決のようだ。

| | トラックバック (0)

VirtualBox 3.2.12 リリース

OracleがVirtualBox 3.2.12をリリースしている。

マイナーバージョンアップのため機能面での変更はなく、バグフィックスのみ。
(Changelog )

【追記】
フォーラムでのOracleのFrank Mehnert氏のコメントによれば、 次バージョンは4.0で、近いうちにベータ版が公開されるようだ。

| | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »