« VMware Fusion 3.1 リリース | トップページ | VirtualBox 3.2.2リリース »

2010年5月26日 (水)

XenClientを試す(3)

XenClient管理画面のスクリーンショットを撮る方法がないかと思い、公式フォーラムで質問したところ「status-report」コマンドで撮れることを教えていただいた。
(本来はトラブルシューティング目的の機能)

ただし、User Guideに書かれた手順ではターミナルウィンドウが写ってしまうため、別マシンからSSHで接続し、status-reportコマンドを実行することにした。

● XenClient管理画面のスクリーンショット撮影手順
(1) 管理OS(ドメイン0)のIPアドレスを調べておく。
(管理画面で「Ctrl+Shift+T」キーを押してターミナルウィンドウを開き「ifconfig」コマンドを実行)

(2) 別マシンからSSHでXenClientの管理OSに接続。

(3) status-reportコマンド実行。最初にスクリーンショットをレポートに含めるか聞かれるので「yes」とタイプしてEnterキーを押す。

(4) 続いてSummary(要約)、Details(詳細)、Step 1(再現手順)を順に聞かれるが、何も入力せずにEnterキーを計3回押す。

(5) しばらく待つとレポートのアーカイブファイルが作成される。
(/storage/status-report/フォルダ下)

(6) status-serverコマンド実行。URLが画面に表示される。
(ファイルダウンロード後はEnterキーを押すとサーバーが停止する)

(7) ウェブブラウザで(6)のURLにアクセス。レポートのアーカイブファイルがダウンロードされる。

(8) ダウンロードしたアーカイブファイル(例:status-report-20100526221547.tar.bz2)を適当なツールで展開する。

(9) 展開したファイルの中に「screenshots.tar.bz2」というアーカイブファイルがあるので、それを展開する。
(これには管理画面だけでなく実行中の全ゲストOSのスクリーンショットも含まれる)
S1S2S3

|

« VMware Fusion 3.1 リリース | トップページ | VirtualBox 3.2.2リリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/48466162

この記事へのトラックバック一覧です: XenClientを試す(3):

« VMware Fusion 3.1 リリース | トップページ | VirtualBox 3.2.2リリース »