« VirtualBox 3.2:ゲストアプリケーションをホストから起動 | トップページ | XenClientを試す(3) »

2010年5月26日 (水)

VMware Fusion 3.1 リリース

VMwareがVMware Fusion 3.1を正式リリースしている。3.0ユーザーは無償でアップグレード可能。

大きな変更はないが、性能向上や使い勝手の改善が行われている。

・ゲストOSで最大8個の仮想プロセッサが利用できるように。
・Windows Vista/7ゲストでOpenGL 2.1をサポート
・USBデバイス接続時にMac/Windowsどちらに接続するか確認するダイアログを表示。選択の記憶も可能。
・Boot Camp仮想マシン起動時のパスワード入力が省略可能に。
・ゲストOSとしてUbuntu 10.04等のサポートを追加。
・仮想マシンフォーマットの標準規格(OVF)との相互変換を行うコマンドラインツール(OVF Tool 2.0)を同梱(カスタムインストールが必要)。
F2F3F1

|

« VirtualBox 3.2:ゲストアプリケーションをホストから起動 | トップページ | XenClientを試す(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/48465433

この記事へのトラックバック一覧です: VMware Fusion 3.1 リリース:

« VirtualBox 3.2:ゲストアプリケーションをホストから起動 | トップページ | XenClientを試す(3) »