« VMware Fusion 3.0.2リリース | トップページ | Parallels Server Bare Metal Edition(PC版、Mac版) »

2010年2月25日 (木)

Parallels Server for Mac Bare Metal Edition発表

24日付けでParallelsがParallels Server for Mac Bare Metal Editionを発表している。
(プレスリリース)

Type-1 ハイパーバイザーとしてはMac(Apple製ハードウェア)での動作を正式サポートした最初の製品となる。

これまでもMacでXenHyper-VといったType-1 ハイパーバイザーを動作させることも不可能ではなかったが、これらは仮想マシン上でMac OS Xを動かすことができなかったため実用的とは言えなかった。

Parallels Server for Mac Bare Metal EditionはゲストOSとしてLeopard ServerとSnow Leopard Serverに対応している。

また、先日のEFI Firmware UpdateによりMac Pro/XserveのVT-dサポートが改善されたため、本製品ではネットワークカードの直接割り当て(PCI パススルー)に対応している。
(ビデオカードのパススルーについては言及なし)

現時点で価格やリリース時期は不明だが、PC/AT互換機向けのParallels Server Bare Metal Standard Editionは999ドルと個人ユーザーが気軽に手を出せる価格ではない。

しかし、64bitゲストOSや仮想SMPなどの機能もParallels Serverで先行してサポートされ、その後Parallels Desktopでもサポートされたので、将来的にはParallels DesktopでもVT-dがサポートされるかもしれない。

【追記】
サイトにParallels Server for Mac Bare Metal Editionのページが追加された。

|

« VMware Fusion 3.0.2リリース | トップページ | Parallels Server Bare Metal Edition(PC版、Mac版) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/47661400

この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Server for Mac Bare Metal Edition発表:

« VMware Fusion 3.0.2リリース | トップページ | Parallels Server Bare Metal Edition(PC版、Mac版) »