« BumpTop Mac版リリース | トップページ | Boot Camp インストールと設定ガイド(PDF) »

2010年1月21日 (木)

Boot Camp Utility for Windows 7 Upgrade

Windows Vistaから7にアップグレードする場合、インストーラは最初に見つけたパーティションを作業領域として使用し、一時ファイルを書き込む。

Boot Camp 3.0(以降)ではMacのパーティションを読み取り専用でマウントするようになったが、WindowsのインストーラがこのMacパーティションを最初のパーティションとして認識し、書き込みを行おうとするためアップグレードが成功しない。

Boot Camp Utility for Windows 7 UpgradeはMacパーティションをアンマウントするためのツールで、ツール実行後にWindowsのインストーラを起動するとWindowsがインストールされているパーティションが最初のパーティションとして認識されるため、アップグレードが正常に終了する。

同様のケースとして、Boot Camp 3.0環境でWindows XP SP2をSP3にアップグレードできない問題が以前から知られているが、Windows XP向けにツールは提供されていないので、手作業でドライバ(AppleMNT.sys)を無効化する必要がある。
(つまり同様の手順で実行すれば「Boot Camp Utility for Windows 7 Upgrade」を使わなくてもVistaから7へのアップグレードは可能)

|

« BumpTop Mac版リリース | トップページ | Boot Camp インストールと設定ガイド(PDF) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/47354961

この記事へのトラックバック一覧です: Boot Camp Utility for Windows 7 Upgrade:

« BumpTop Mac版リリース | トップページ | Boot Camp インストールと設定ガイド(PDF) »