« Parallels Desktop 5 (ビルド9308)リリース | トップページ | VirtualBox:フルスクリーン時のメニュー表示 »

2009年12月23日 (水)

VirtualBox:変更不可ディスク

VirtualBoxにはテレポーテーションのようにGUIで設定できず、コマンドライン操作が必要な機能が多数存在する。

「変更不可ディスク」もそのような機能の一つで、設定するにはまず「仮想メディアマネージャー」のリストから除去したあと、ターミナルから次のコマンドを実行する必要がある。コマンドを実行すると自動的に「仮想メディアマネージャー」のリストに登録される。

VBoxManage openmedium disk 仮想ディスク名.vdi --type immutable

無効化する場合は「immutable」の部分を「normal」に変えて実行する。

Parallels Desktopの「アンドゥディスク」と似た機能だが、ゲストOSのシャットダウン時に動作を選択することはできず、変更は常に破棄される。

ただし、「変更不可ディスク」を指定した仮想マシンに対してスナップショットを作成することができ、そのスナップショットを使用して起動している間は仮想ディスクへの変更が維持される。
(つまり変更不可なのは「ベースディスク」だけでスナップショットを保存する「差分ディスク」は変更できる)
ImmutableSnap

|

« Parallels Desktop 5 (ビルド9308)リリース | トップページ | VirtualBox:フルスクリーン時のメニュー表示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/47092267

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBox:変更不可ディスク:

« Parallels Desktop 5 (ビルド9308)リリース | トップページ | VirtualBox:フルスクリーン時のメニュー表示 »