« CrossOver Mac 8 Standard 日本語版に関する情報 | トップページ | VirtualBox 3.0.4 リリース »

2009年7月30日 (木)

CrossOver Mac 8 日本語版と英語版の相違点

Standard版のみ販売されているCrossOver Mac 8日本語版について「従来のPro版からゲームアプリケーションを動作させるための初期設定を切り離し、一般向けのアプリケーションに対応した製品。 別パッケージとすることで、Pro版よりも安価になった(Internet Watch)」とか「今回の製品は“Standard”を銘打っており、ゲーム対応用の初期設定を切り離すことで価格が抑えられている(ITmedia)」など、Pro版からStandard版に変更されたことでゲーム用の設定が省かれたように書かれているが、これは正しくないと思う。

ゲーム設定の有無はPro版とStandard版の差ではなく、バージョン7と8の差である。英語版のバージョン7ではStandard版であってもFalcom工画堂スタジオなどのゲームが対象製品としてアプリケーションインストーラのリストに表示されていたのだが、バージョン8ではPro版でもリストから省かれている。英語版では別途ゲーム用途に特化した「CrossOver Games」という製品が販売(Pro版はGamesの使用権も含む)されているためだと思われるが、Games日本語版についてのアナウンスはない。ネットジャパンのプレスリリースを見ても主にビジネス用途での使用を想定しているように思える。私自身はあまりゲームには興味が無いのだが、ゲーム用途を期待していた日本のユーザーには少し残念なアップデートかもしれない。

また、英語版では複数のユーザーアカウントでボトルを共有する機能はPro版でのみサポートされており、Standard版では省略されているのだが、なぜか日本語版はStandard版でもボトルの共有機能がサポートされている。

このほか、日本語版では英語版でサポートされているIP電話アプリケーションの「BIZTEL」がリストから除外されている。従来は日本語版でもサポートされており、BIZTELのサイトにも掲載されていた。
Cxmac7_stdCxmac8_proCxmac8_stdCxmac8j_std

|

« CrossOver Mac 8 Standard 日本語版に関する情報 | トップページ | VirtualBox 3.0.4 リリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/45787350

この記事へのトラックバック一覧です: CrossOver Mac 8 日本語版と英語版の相違点:

« CrossOver Mac 8 Standard 日本語版に関する情報 | トップページ | VirtualBox 3.0.4 リリース »