« OracleがVirtual Ironを買収 | トップページ | CrossOver Mac 7.1.2とGames 7.2.1リリース »

2009年5月14日 (木)

ゲストOSでAero

Windows Vista以降のリモートデスクトップ接続では、Aeroインターフェースが使用できる

これは、実際の描画をクライアント側で行っているので、リモートシステム側がAeroに対応していなくても、クライアント側が対応していればAeroで表示できる。

つまり、仮想マシンにインストールしたWindows VistaやWindows 7でAeroは使えないが、Aeroが使えるPCからその仮想マシンにリモート接続すればAeroが使える。

先日の記事でWindows 7のXPモードはやや期待外れと書いたが、それは新しいVirtual PCに同様の機能が組み込まれ、わざわざリモート接続しなくてもWindows Vista/7でAeroが利用可能になるのではないかと考えていたのも理由の一つである。

【追記】
ついでなので、もう少し補足。
「Virtual PCの技術を使ったXP互換機能がWindows 7に搭載される」という話を聞いたとき、私はXPモード機能よりもむしろ「数年ぶりにアップデートされる(であろう)Virtual PC本体」に興味を持った。

現行バージョンの「Virtual PC 2007」はWindows Vistaや64ビットホストOS対応等の小さな改良だけで基本機能は前バージョンの「Virtual PC 2004」から大きく変わっていない。このためVMwareとの機能差が開くばかりでなく、一部機能は後発のVirtualBoxと比較しても見劣りするようになってしまった。それで、新バージョンのVirtual PCではHyper-Vやリモートデスクトップ等に採用されている技術を取り込み、仮想マルチプロセッサや64ビットゲストOS、Aeroインターフェース等の機能が利用できることを期待していた。

しかし、実際にリリースされたWindows Virtual PCはUSB機器はサポートされたものの、その他の機能はVirtual PC 2007から大きく改善されることはなかった。また、Windows 7の更新プログラムとして提供されているため、別途Windows XP/Vista向けに提供されない可能性も高い。これで単体アプリケーション版が終焉ということになれば、Mac/Windows版を最初のバージョンから使ってきたユーザーとしては大変残念に思う。
Rdp

|

« OracleがVirtual Ironを買収 | トップページ | CrossOver Mac 7.1.2とGames 7.2.1リリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/45014706

この記事へのトラックバック一覧です: ゲストOSでAero:

« OracleがVirtual Ironを買収 | トップページ | CrossOver Mac 7.1.2とGames 7.2.1リリース »