« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

VMware Fusion 2.0 RC1公開

VMwareからVMware Fusion 2.0 RC1(ビルド113392)が公開されている。

新規ユーザー向けに10月まで試用できるライセンスキーが発行される。また、1.xの正規ユーザーは既存のライセンスキーでそのまま継続利用できる。既存ユーザーは2.0正式版へ無償アップグレードできる予定。

ユーザーインターフェースが日本語化されたほか、McAfee VirusScan Plus(試用期限12ヶ月)が同梱された(Parallels Desktop英語版には試用期限6ヶ月のKaspersky Internet Securityが同梱)。

RC版のため、大きな機能追加は無いが、私の環境ではBeta2で正しく動作していなかったミラーフォルダ(デスクトップや書類フォルダ等のマッピング)機能が正常に動作するようになった。
Vmrc1

| | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

CrossOver Games 7.1.1リリース

8/25付けでCodeWeaversからCrossOver Games 7.1.1がリリースされている。
Change Logによる変更点はTiger上でTeam Fortress 2がクラッシュする不具合の修正のみ。
コードベースも7.1と変わらずWine 1.1.0。
Cxgames711

| | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

VT-d対応の見通し

Intel Developer Forum 2008ではVMwareParallelsがVT-d(VT for Direct I/O)のデモを披露した模様(Enterprise/PC watchの記事より)。

Parallels WorkstationでのVT-dサポートは今年の終わりにβテスト、正式リリースは未定とのこと。ちなみに6月末のコメントだが、公式フォーラムによればMacでのVT-dサポートは2009年第1四半期に計画されているらしい。
(現状Parallels ServerでVT-dをサポートしているのはWindows版のみ)

VMwareのほうもリリース時期は未定とのことだが、こちらも公式フォーラムによれば、現在ベータテスト中のVMware Fusion 2.0は正式版でもVT-dはサポートされないようなので、やはり来年になりそう。

なお、VT-dをサポートしているのはIntel 3/4シリーズチップセットでも上位のX38/X48とビジネス向けのQ35/Q45だけで、一般ユーザーに広く使われているP35/P45やG35/G45等ではサポートされていない。Q35チップセット搭載のDELL Optiplex 755でもVT-dはデフォルトでは無効化されておりBIOSで有効化する必要があった。

【補足】
3シリーズチップセットのモバイル版は開発されなかったため、モバイル向けチップセットではVt-d対応は4シリーズからとなる。スペックシート(PDF直)上はPM45/GM45はVT-dに対応しているが、現在発売中のCentrino 2ブランドのノートPCでVT-dが有効化されているかどうかは未確認。
Vtd

| | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

CrossOver Mac 7 Pro日本語版

ネットジャパンからCrossOver Mac 7 Proのダウンロード販売が開始(パッケージ版は8/28発売)され、30日試用できる体験版も公開されていた。
詳細バージョンは7.0.2で、コードベースはWine 0.9.60。
Cxmac7j

| | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

VirtualBox 1.6.4リリース

Sun MicrosystemsからVirtualBox 1.6.4がリリースされている。Changelogを見るかぎり、Macホスト版は大きな変更は無さそう。
SVNの内容から1.6.4はスキップして1.7になるかと思われたが予想が外れた。
Vbox164

| | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »