« VMware Fusion 1.1.2 (ビルド87978)リリース | トップページ | Parallels ServerでLeopard Serverゲストをサポート »

2008年4月29日 (火)

iMac雑感

新しいiMacが発表された。Penryn 採用は予想通りだが、FSBが1066MHzに上がっていることからチップセットも4シリーズ(GM45/47など。今のところ詳細不明)に変更されたものと思われる。

現在のMacはMac Proを除いて全てモバイル向けのCPUとチップセットを採用している。最近のIntelのモバイル向けプラットホームは以下のようにCPUとチップセットが交互に更新されてきた。

※:CPU+チップセット。[]内はコードネーム。

(1) Core [Yonah] + 945 [Calistoga]
(2) Core 2 [Merom] + 945 [Calistoga]
(3) Core 2 [Merom] + 965 [Crestline]
(4) Core 2 [Penryn] + 965 [Crestline]
(5) Core 2 [Penryn] + 4x [Cantiga]

先代のiMacはここでいう(3)の段階だったので、今回のモデルチェンジでMacBook/同Proと同じ(4)に変わると予想していたのだが、良い意味で予想を裏切り(5)となった。PCの世界でもモバイル向け4シリーズチップセットはたぶんまだ採用例は無いと思う。

Intelは今年の末ごろにマイクロアーキテクチャを一新した次世代CPU「Nehalem」(コードネーム)をデスクトップ向けにリリースする予定である。Nehalemではチップセット側の対応も必要なので、モバイル向けのNehalemがリリースされる来年前半ごろにはCPU/チップセット共に変更したMacが登場するはず。

今回のモデルチェンジで(5)となったiMacはそれまでモデルチェンジは無いか、あったとしてもCPUのクロックアップ程度と思われる。MacBook/同Proは遅くとも夏頃までには(5)に変更される可能性が高い。現状(3)のMacBook Airも同じだろう。

予想が難しいのはMac miniで、コスト等の問題もあるのだろうが現行モデルは(2)で、他の機種と比べるとかなり見劣りする。エントリーモデルも必要なのでこのままフェードアウトということはないだろうが、現行モデルは内蔵ビデオが弱いのでGM955/GM45を採用した新モデルに期待したいところ。

【訂正】
話がややこしくなってきたが、AppIeinsiderが伝えるところによれば、どうやら新iMacは「965系チップセットのFSBを1066MHzに引き上げた特別版」らしい。そうなると、Nehalem採用までにもう一度モデルチェンジが行われる可能性が高い。個人的には次のMac購入はVT-d/IOVがサポートされてからと考えているので、しばらくは様子見。

【余談】
AppIeinsiderの記事中には「"Santa Rosa" chipset」という記載があるが、Santa RosaやMontevinaはIntelのモバイル向けプラットホームのブランド名であるCentrinoおよびCentrino 2のコードネームであり、Santa RosaやMontevinaという名前(コードネーム)のCPUやチップセットが存在するわけではない。CPU、チップセット、無線LANモジュールの3つが全てIntel指定のものである場合、「Centrino/Centrino 2ブランド」を名乗れるというだけである。
Intel製のCPUであってもCeleronではCentrinoを名乗ることはできないので、例えば2003年のFMV-BIBLO LOOX Tのように、同じ製品シリーズであっても上位機種はCentrinoだが下位機種はCentrinoではないというケースも珍しくない。

【追記】
Developer Noteも公開された。

|

« VMware Fusion 1.1.2 (ビルド87978)リリース | トップページ | Parallels ServerでLeopard Serverゲストをサポート »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/41026622

この記事へのトラックバック一覧です: iMac雑感:

« VMware Fusion 1.1.2 (ビルド87978)リリース | トップページ | Parallels ServerでLeopard Serverゲストをサポート »