« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月26日 (水)

CrossOver Games 7.0英語版リリース

3/25付けでCodeWeaversからゲーム用途を重視したCrossOver Games 7.0がリリースされている。
価格は39.95ドル。CrossOver MacまたはCrossOver Linux Professionalユーザーは無料で利用できる。

従来のCrossOverはトライアル版と製品版が別バイナリであったが、本バージョンではトライアル版にユーザー情報(CodeWeaversのサイトにログインする際のアカウント)を入力して認証を行えば、そのまま製品版として使用できる。なお、CrossOver Mac 6.xでは30日間の試用が可能だが、CrossOver Games 7.0の試用期間は7日間に短縮されている。

ベースとなっているWineのバージョンは「0.9.55」。CrossOver Gamesはバージョンが「7.0」とされていることから、来月リリースが予定されているCrossOver 7.0も同様と予想される。今後、CrossOver Gamesはゲームに関するWineの成果を積極的に取り入れ、通常版のCrossOverよりも速いペースでアップデートが行われるとのこと。ちなみにWineの最新バージョンは「0.9.58」で、6月には正式リリースとなる「1.0」が公開予定。

なお、CrossOver Gamesは日本語リソースを含んでいるが、日本語インターフェースではユーザー登録ダイアログで「登録」ボタンが表示されす登録できないなど翻訳が不完全なため、英語リソースで使用したほうが良いだろう。
(「情報を見る」ウィンドウで「言語」セクションの「日本語」のチェックをオフにする)

JpUsCxgames

| | トラックバック (0)

CrossOver Mac 6.3日本語版リリース

3/25付けでネットジャパンからCrossOver Mac 6.3日本語版がリリースされている。日本語版の登録ユーザーは無償でアップデート可能。
現時点で6.3英語版は公開されていない

VOCALOID 2 シリーズに対応したほか、一太郎などのアプリケーションで縦書きできない問題が改善されている。

前バージョンの6.2.1はWine 0.9.34ベースであったが、6.3はWIne 0.9.55ベースとなり、Windows Vistaボトル(暫定対応)をサポートするなど、大きな変更が加えられている。
(これらの変更はCrossOver Games 7.0と同じなので、実質的にはCrossOver Mac 7.0に近い内容と言えるのかもしれない)
1taro

| | トラックバック (1)

2008年3月22日 (土)

仮想マシンとVista SP1

アクト・ツーによれば、VMware Fusion上でWindows Vista SP1は「問題なく動作することを確認」とのこと。

一方、プロトンによれば、Parallels DesktopではBoot Camp領域のVistaを仮想マシンで起動してSP1を適用するとBoot Camp領域のVistaが破壊されるようだ。
(Boot Camp環境でSP1を適用すれば問題ない)

この問題についてはParallelsの公式フォーラムでも話題となっており、対策版の作業に取り組んでいる模様。

| | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

LINA 0.72 Beta01公開

Lina Softwareから、「LINA 0.72 Beta01」が公開されている。本バージョンからインストーラが用意され、導入が容易になっている。

LINAはLinuxアプリケーションをWindows、Linux、Mac OS X上で動作させる開発/実行環境。
(参考:昨年5月の記事

現在、ダウンロードページではDebian/Fedora/Ubuntu Linux、Windows Vista/XP、およびTiger向けのインストーラが公開されている(Leopardにも後日対応予定。なお、Tiger用のインストーラは現在リンク切れ)。

サンプルとしてNanoエディタのインストーラが用意されているのだが、こちらもリンク切れのため動作未確認。
(開発元には連絡済み)
Lina1

| | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

CodeWeavers社のロードマップ

CodeWeavers社CEOのJeremy White氏のblogで、2008年の製品計画について述べられている。

・数週間のうちに「CrossOver Games」という新製品をリリースする。
CrossOver MacおよびCrossOver Linux Professionalユーザーは無料で利用できる。
通常版のCrossOverはこれまでどおり安定性を重視したペースでリリースされるが、CrossOver Gamesはゲームに関するWineの成果を積極的に取り入れ、通常版より早いペースでリリースされる。

・4月にCrossOver 7をリリース。Office 2007、Dreamweaverの全てのバージョン、Photoshop CS/CS2(できればCS3も)のサポートなど。

・CrossOver 7の後は.NETアプリケーションサポートの改善、QuickBooksやiTunes最新版のサポートなどを計画。

| | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

Parallels Server Beta 2の情報

Parallels ServerのページにBeta 2の情報が掲載されていた。近々公開されるものと思われる。
Beta 2では最大4個の仮想プロセッサが使用できるほか、XenのようにホストOSに依存しない「ヘッドレス モード」が利用できる模様。
ただ、Mac OS X Serverゲストに関する記載が無いのが少々気がかりではある。

【追記】
Beta 2(ビルド1709)がダウンロードできるようになった。
しかし、Beta 1(ビルド1436)と同様、新規仮想マシン作成時のOS選択リストにMac OS X Serverが見当たらない。

【追記2】
フォーラムで聞いてみたところ、今回のベータでもMac OS X Serverゲストは未サポートとのこと。個人的にはこれが主目的なので非常に残念。
Psv2_consolePsv_b2

| | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

CocoaベースのQt/Mac アルファ版公開

Trolltechが64ビットCPUにも対応したCocoaベースのQt/Mac アルファ版を公開している。
(ソース:OSNews

従来のQt/MacはCarbonベースだった。AppleがCarbon APIの64ビット対応は行わないことを表明したため、今後は他のソフトウェアでもCocoaへの移植が進むと思われる。
(WebブラウザのFirefoxも現在ベータ版段階のバージョン3からCocoaベースとなる)

| | トラックバック (0)

mixi規約改定

mixi、4月に規約改定。「日記等の著作物はユーザー自身が権利を有する」(BroadBand Watch)
「mixi日記、無断書籍化はしない」――規約改定の意図をミクシィが説明(ITmedia)
自分の日記がmixiのものになる?(ASCII.jp)

いくらなんでもユーザーの日記を無断で書籍化したり、公開範囲を限定した日記や個人的なメッセージ等を他の用途に使うほど非常識ではなかろうと思っていたので、予想通りの展開ではあるが、私が上記の補足記事をメディアで読んだ本日夕方の時点ではmixiの「運営者からのお知らせ」には掲載されていなかった。メディアに回答する前にまずはユーザーに説明すべきではないかと思う。
(現在は掲載されている)

「悪事千里を走る」という言葉があるが、とかく悪い評判が広まるのは早く、いくら後から釈明しても一度落とした評判を取り戻すのは容易ではない。

そもそも過去にもlivedoor Blogなど、同様の騒動は何度もあったので、補足説明無しにあのような規約だけを公開した場合、ユーザーからの反発は予想できたはずだ。もし、mixi側がユーザーの反発を全く予想していなかったのなら、それはそれでお粗末な話だと思う。

| | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »