« Leopard Server仮想化の可能性 | トップページ | LeopardのX11の不具合と対策版 »

2007年11月 2日 (金)

CrossOver Mac 6.2の日本語入力の問題

Mac OS X 10.4.10(Tiger)ではCrossOver 6.1/6.2共に日本語入力できていたのだが、Mac OS X 10.5(Leopard)にアップグレードした後、CrossOver Mac 6.2で日本語入力ができないことに気がついた。
(私は英語版ユーザーなので)CodeWeavers社にバグレポートを送っていたのだが、日本代理店のネットジャパンのサイトに不具合に関する情報が掲載された。

CrossOver Mac 6.2は、Leopardプレリリース版で動作を確認し、いちはやく「Leopard対応版」としてリリース(10/4付けプレスリリース)されていたのだが、プレリリース版と製品版で日本語入力の仕様に変更があったのが原因らしい。

今のところ対策版のリリース時期などの情報は明らかにされていないため、しばらくの間はテキストのコピー&ペーストで回避するしか方法は無さそうだ。
Ff_leopard

|

« Leopard Server仮想化の可能性 | トップページ | LeopardのX11の不具合と対策版 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/16952317

この記事へのトラックバック一覧です: CrossOver Mac 6.2の日本語入力の問題:

« Leopard Server仮想化の可能性 | トップページ | LeopardのX11の不具合と対策版 »