« FinkのLeopardサポート | トップページ | Parallels Desktop 3.0 Beta(ビルド5540)公開 »

2007年10月27日 (土)

iMac (Mid 2007)の初期不良

覚え書きとして記録しておく。実は今週、iMacを修理に出していた。

8月の購入後、しばらくの間は問題なく使用できていたのだが、今月初め頃から「起動に異常に時間がかかる」という現象が発生していた。通常はMacの電源を入れると、起動音→画面にグレーのAppleマーク表示→Mac OS Xの起動画面表示という順序で起動するが、私のiMacは起動音の後、画面が暗いまま明るくならない。このまま30分とか一時間(あるいはそれ以上)放置していると起動し、一旦起動した後はフリーズなどの問題も起きず、再起動も問題ない。ただし、スリープさせると復帰しないことが多い。

これでは困るので仕事も一段落した10/21(日)にAppleの修理サービスに依頼、10/24(火)に引き取り、10/26(金)に修理完了して戻ってきた。起動時の問題なのでロジックボードかファームウェアあたりの不具合かと予想していたのだが、修理報告書を見るとビデオカードを交換したとのこと。

現象が異なるので私のiMacのトラブルには該当しないと思っていたのだが、海外サイト(AppleInsiderMacworld)によればiMac (Mid 2007)で画面がフリーズする不具合が複数件発生しており、Appleも認めているという。これはビデオカードのドライバに起因する問題らしく、Appleはソフトウェアアップデートで対処すると言っているようだが、ユーザーからの報告の中には私と同様にハードウェア(ビデオカード)側に問題のあるケースも含まれているのかもしれない。
(もしビデオカード側に問題があるならば当然ソフトウェアのアップデートだけでは不具合は解決しないだろう)

|

« FinkのLeopardサポート | トップページ | Parallels Desktop 3.0 Beta(ビルド5540)公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/16892548

この記事へのトラックバック一覧です: iMac (Mid 2007)の初期不良:

« FinkのLeopardサポート | トップページ | Parallels Desktop 3.0 Beta(ビルド5540)公開 »