« Windows Server 2008 RC0(その3) | トップページ | CrossOver Mac 6.2リリース »

2007年9月28日 (金)

VMware Fusionで準仮想化環境を利用する

VMwareのフォーラムによれば、VMware Fusionでvmxファイルに「vmi.present = "TRUE"」という行を追加することで準仮想化環境が利用できるとのこと。
(準仮想化はWIndows/Linux版のVMware Workstation 6ではサポート済み)

通常の「完全仮想化」と呼ばれる方式は、一般的なPCハードウェアをエミュレートし、その上で無改造のOSを動作させるものだが、「準仮想化」は仮想化に都合の良い仮想マシン環境を構築し、その上で準仮想化環境向けに修正(最適化)されたOSを動作させるため、性能的に有利とされる。
(Xenで言えば前者がHVMドメイン、後者がドメインUに相当する)

VMI(準仮想化を利用するためのインターフェース仕様)に対応しているUbuntu 7.04で試してみたところ、見た目は全く変わらないが、dmesgに「Booting paravirtualized kernel on vmi」と出力されており、準仮想化環境で動作していることが分かる。

このほか、ゲストOSの画面を遠隔操作できるVNCサーバー機能など、いくつかの隠し機能が紹介されている。
Vmi

|

« Windows Server 2008 RC0(その3) | トップページ | CrossOver Mac 6.2リリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/16595197

この記事へのトラックバック一覧です: VMware Fusionで準仮想化環境を利用する:

» 準仮想化機能を試す [cappuccinoのコンピタブログ]
田中俊光のblogにてVMware Fusionを使った準仮想化環境VMIの起動方法が示されていた. 自分もFusionでUbuntuを使っているので早速試してみる. Fusionで準仮想化を行うためには vmi.present = "TRUE" という行をvmxに追加すれば良い. こうして起動したUbuntuで起動メッセージを見ると 「VMI: Found VMware, Inc. Hypervisor OPROM, API version 3.0, ROM version 1.0... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 23時33分

« Windows Server 2008 RC0(その3) | トップページ | CrossOver Mac 6.2リリース »