« LeopardのX11 | トップページ | VMware Fusion RC1リリース »

2007年7月 1日 (日)

ParallelsのLGPL違反疑惑

しばらく静観していたのだが、OSNews等にも掲載されたので、ここでも取り上げてみる。

Parallels Desktop 3.0のDirectXサポートはDirectX APIの呼び出しをOpenGL APIに変換して処理しているが、この変換処理に「Wine」のソースコードが使用されている。

Parallelsサイトのライセンス情報ページにはWine(やその他のオープンソースソフトウェア)のコードを使用していることが掲載されており、ソースコードを入手したい場合は指定されたメールアドレスに連絡するようにと書かれている。

しかし、Wine公式Wikiに掲載された内容によれば、実際にParallelsに問い合わせたところ、まだソースコードは入手できていないようだ。Parallelsの言い分は「法務部の承認待ち」ということらしい。

個人的な感想としては、どこかのエミュレータとは異なり、Wineのソースコードを使用していることは明らかにしているし、修正されたソースコードを入手する手段も(現状では若干の問題があるとはいえ)用意されていることから、大きな問題とはならずに解決するのではないかと思うが、円満に早期解決を願いたい。
(捕足:WineのライセンスはLGPLなので、Parallelsが手を加えた部分のソースコードをLGPLで公開すればよく、Parallels全体をLGPL/GPLで公開する必要は無い)

【追記】
公式Wikiによれば、7/2にコードがWine側に送られた模様。これにより事態は収束に向かうと思われる。
Winedll

|

« LeopardのX11 | トップページ | VMware Fusion RC1リリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/15619096

この記事へのトラックバック一覧です: ParallelsのLGPL違反疑惑:

» ParallelsのLGPL違反疑惑 [Computer U Relax]
ポセやんさんのページでも出ているけど、ParallelsのLGPL違反疑惑・・・... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 11時12分

« LeopardのX11 | トップページ | VMware Fusion RC1リリース »