« 次のMacの購入計画 | トップページ | VirtualBox for Mac パブリックベータ »

2007年4月20日 (金)

Darwineのquartzドライバを試す

現在Darwineは画面表示にX11を使用しているが、DarwineプロジェクトではX11を使わないネイティブの描画ドライバ(quartzドライバ)も開発中である。

Emmanuel Maillard氏がDarwineの開発者向けMLにquartzドライバの新しいパッチをポストしていたのでDarwine/x86で久々に試してみた。

公式WikiのStatusにも「Winemine playable on PPC.」としか書かれていないように、以前はDarwine/PPCでWine版マインスイーパーが動作する程度で、Darwine/x86では動作しなかったのだが、現在はある程度動作するようだ。図はDarwine/x86でソリティアを起動したところ。ドックのアイコンを見るとX11が起動していないことが分かると思う。

まだまだ描画や動作がおかしな部分もあり、現在のX11ドライバを置き換える段階には至っていないが、今後に期待。
Qdrv

|

« 次のMacの購入計画 | トップページ | VirtualBox for Mac パブリックベータ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/14789705

この記事へのトラックバック一覧です: Darwineのquartzドライバを試す:

« 次のMacの購入計画 | トップページ | VirtualBox for Mac パブリックベータ »