« Q.appの仮想SMP機能 | トップページ | Linux on the AppleTV »

2007年3月29日 (木)

Boot Camp 1.2ベータ

AppleからBoot Camp 1.2ベータが公開されている。現時点で日本語ページは「1.1.2 ベータ」の案内文のままだが、「1.2 ベータ」がダウンロードできる。
1.2 ベータではWindows Vista(32bit版)に対応したほか、「Apple Software Update」の追加、「Apple Remote」に対応などの改良が行われている。

現状Mac OS XからNTFSパーティションの書き込みがサポートされていないため、Windows XPをMac側から読み書き可能なFAT32パーティションにインストールしているユーザーも多いと思われるが、VistaはNTFSパーティションにしかインストールできない。
Windows側からHFS+パーティションを読み書き可能にする「MacDrive 6 日本語版」もまだVista非対応のため、Mac/Vista間のデータのやりとりにはUSBメモリなどを使用するのが現実的だろう。英語版ではVista対応の「MacDrive 7」がすでにリリースされているため、日本語版も近いうちにアップデートされるだろう。

なお、現状では書き込み速度が遅いなどの問題はあるが、オープンソースのドライバ「NTFS-3G」をインストールすればMac側からNTFSパーティションへの書き込みも一応可能になる。
SwupdateNtfs3g

|

« Q.appの仮想SMP機能 | トップページ | Linux on the AppleTV »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/14450376

この記事へのトラックバック一覧です: Boot Camp 1.2ベータ:

« Q.appの仮想SMP機能 | トップページ | Linux on the AppleTV »