« QEMU 0.9.0のDarwinユーザースペースエミュレーション | トップページ | XenoppixでQEMU/KVM »

2007年2月 9日 (金)

Windows Vista Starter Edition

以前から新興市場向けのWindows XP Starter Edition(IT用語辞典 e-Words)を使ってみたいと興味本位で思っていたが、日本では発売されておらずその機会がなかった。

しかし、Vistaではプロダクトキーを入力せずに体験版としてインストールすると、日本語版でもStarter Editionが使えることをPC Watchの記事で知り、試しにインストールしてみた。

XP Starter Editionでは機能制限が多いため酷評(例:ZDNetの記事)も少なくないが、「普通のWindows」を使ったことのあるユーザーなら機能に不満が出るのは当たり前で、「初めてパソコンを使う」というユーザーならまた違った評価になるのではないかと思う。

なお、Vista Starter Editionでは、一度に起動できるプログラムの数が最大3つなのは変わらないが、サイドバーも使用でき、800x600を超える解像度や複数ユーザーアカウントの作成もできるなど、制限が緩和されており、用途によっては案外使えるのではないかという印象を持った。
Vista_starter

|

« QEMU 0.9.0のDarwinユーザースペースエミュレーション | トップページ | XenoppixでQEMU/KVM »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/13847831

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vista Starter Edition:

« QEMU 0.9.0のDarwinユーザースペースエミュレーション | トップページ | XenoppixでQEMU/KVM »