« Parallels Desktop (build 3106 Beta3) | トップページ | 温故知新(2) »

2007年1月 4日 (木)

温故知新

JAM LOG Leopard時代の前にNeXTを振り返るを読んで、こちらも少々古いネタを引っ張りだしてみる。

kaz氏も言及されている「Discovering OPENSTEP」は入門書としても貴重だが、OSマニアとして興味深いのは開発初期段階のRhapsodyのスクリーンショットが使われていること。ドックを備えていることやゴミ箱のアイコンなどまだOPENSTEPに近いデザインであることが分かる。当時NeXTユーザーの知人が「(ユーザーインターフェースを変更せずに)このまま売ってくれ」と言っていたことを思い出す。

ドックは後のRhapsody(Mac OS X Server 1.x)のリリースでは省かれたが、Mac OS Xで復活することになる。おそらく様々な試行錯誤を繰り返したことだろう。こうしたユーザーインターフェースの変換を見比べてみるのも面白い。
Rhapsody

|

« Parallels Desktop (build 3106 Beta3) | トップページ | 温故知新(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/13333295

この記事へのトラックバック一覧です: 温故知新:

« Parallels Desktop (build 3106 Beta3) | トップページ | 温故知新(2) »