« Parallels Desktop (build 3094 Beta2) | トップページ | VMware Mac版パブリックベータ »

2006年12月22日 (金)

Parallels Desktopの原点

Parallelsネタのついでに紹介。
以前書いたようにParallelsは過去に「twoOStwo」と呼ばれていたエミュレータの後継に相当する。
図はtwoOStwoトライアル版(2002年10月29日付け)の画面。
(すでに試用期限切れのため使用できないが)

Parallelsは元々OS/2関連のソフト開発を行っていたようで、twoOStwoの起動画面を見てもOS/2アプリをWindows(およびLinux)で使うことを主目的にしていたように思われる(twoOStwoという名称自体、OS/2を意識したものかもしれない)。

twoOStwoの開発はロシアのParallels、販売はドイツのNetSys GmbHで行われていたらしい。その後Serenity Systems InternationalからSerenity Virtual Station (SVISTA)という名称で販売されていた。ちなみにSerenity Systems InternationalはIBMからOS/2 Warp 4のライセンスを受けてeComStationの開発を行っている会社である。

twoOStwoやParallelsとの関係をSerenity Systems Internationalにメールで聞いてみたところ、twoOStwoが開発中止になったため、その開発チームを雇ってSVISTAを開発したこと、および現在は(Parallelsではない)別の会社と交渉しているとの回答を得た。同様の質問をParallelsにも聞いてみたのだが、「Parallelsは完全に独立した会社で我々はSVISTAとは何の関係もない」との返事だったので、これ以上のことは分からない。
2os2

|

« Parallels Desktop (build 3094 Beta2) | トップページ | VMware Mac版パブリックベータ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/13159691

この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Desktopの原点:

« Parallels Desktop (build 3094 Beta2) | トップページ | VMware Mac版パブリックベータ »