« CrossOver Mac 6.0 Beta 1 | トップページ | KOfficeネイティブ版 »

2006年9月 1日 (金)

CrossOver Mac 6.0 Beta 1(2)

メニュー等を日本語表示するには純正X11の日本語化と同様「~/.MacOSX/environment.plist」でLANG環境変数に「ja_JP.UTF-8」を指定すれば良い。environment.plistは開発環境(Xcode)に含まれるProperty List Editorで作成できる(Property List Editorの使用法はX11のページを参照のこと)。

ただし、今のところ日本語入力に成功していない。CrossOver MacはX11アプリケーションであるため「ことえり」等のMac OS Xネイティブ日本語入力プログラムから直接日本語を入力することができない。純正X11環境であればkinput2.macimを~/.xinitrcで指定して環境変数を設定すれば日本語入力できるのだが、CrossOver Macは~/.xinitrcを使わず、代わりとなる手段も用意されていないため、この方法が使えない。CodeWeaversには要望として出しているので今後何らかの方法で可能になれば良いのだが。
EnvJp

|

« CrossOver Mac 6.0 Beta 1 | トップページ | KOfficeネイティブ版 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/11720634

この記事へのトラックバック一覧です: CrossOver Mac 6.0 Beta 1(2):

« CrossOver Mac 6.0 Beta 1 | トップページ | KOfficeネイティブ版 »