« QEMUとOpenOSX | トップページ | VMware Server ベータ版 »

2006年2月 2日 (木)

釣られすぎ

スルーしていたが、知人からメールがあったので一応ここにも書いておくことにする。
(あえてリンクしないが)海外のサイトで「Windows XPをIntel Macにインストールする手順」なるものが公開され、日本でもいくつかのBlog等で紹介されている。だが、内容を読むと実際にWindows XPのインストールと動作が確認できたわけではなく「この手順でインストールできるだろう」という推測のみで書かれたものであることが分かる。
推測でも理論が正しければ他の誰かが実証するだろうが、理論上も正しいとは思えない。例えば最初のステップは
「1. Using the Bootable Acronis Disk Director CD on the MacBook, shrink the Mac partition. 」
(1. MacBookをAcronis Disk DirectorのCDで起動し、Macパーティションのサイズを小さくする)となっている。
Acronis Disk DirectorはPC用のディスクユーティリティであり、LinuxベースのブータブルCDとなっているのだが、そもそもこれがEFIに対応しておらず、Intel Macを起動させることはできない(Acronisのサイトからトライアル版をダウンロード可能。Intel iMacを起動できないことは確認済み)。
それでブートできれば誰も苦労はしない。

|

« QEMUとOpenOSX | トップページ | VMware Server ベータ版 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/8468020

この記事へのトラックバック一覧です: 釣られすぎ:

« QEMUとOpenOSX | トップページ | VMware Server ベータ版 »