« Intel MacでClassicアプリケーションを使う | トップページ | EFI »

2006年1月15日 (日)

Rosettaを使って開く

Xbenchで性能測定を行った後、Intel Mac上でユニバーサルバイナリの情報を表示すると、「Rosettaを使って開く」というチェックボックスがあることに気がついた。
これを利用してXbench 1.2をRosettaで実行させて再測定してみたところ、ネイテイブ実行時の48.58に対し、Rosetta上では27.80という結果となった。Disk Testはむしろ向上しているが、これは誤差の範囲だろう。通常、ユニバーサルバイナリをわざわざRosettaで実行させる必要性はないだろうが、プログラム開発時の動作確認などの用途に利用できるだろう。
1/17追記
サポートページによれば、プラグインがユニバーサルバイナリ非対応の時、アプリケーション本体をRosettaで動かすことで使用できるとのこと。
info
xbench_rosetta

|

« Intel MacでClassicアプリケーションを使う | トップページ | EFI »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/8165433

この記事へのトラックバック一覧です: Rosettaを使って開く:

» どれだけ速い?Intel iMac [Charm of PowerBook.]
先日から書いているXbench1.2のベンチで低い値がでている件について、田中俊光のBlogさん『Intel iMacベンチマークテスト』でも同じ事を述べられています。 『個別にみるとスレッドのテストは速いがユーザーインターフェースの値がずいぶん低い。体感速度ではここまで差があ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 02時32分

» Intel Mac(iMac Intel Core Duo)のインプレ記事 [Minor Maniax きかんしゃトーマスCGファクトリー]
とりあえず私の狙い目はMacBook Proなんですが、どうしても気になるのは速... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 05時54分

» Intel Macでプラグインが対応してない場合は、Rosetta起動 [Travellers Tale]
Intel ベースの Mac で Universalバイナリ化が必須なものとしては、ドライバや各種プラグインがあるようです。プラグインについては、Intel対応していなくても、アプリケーションをRosettaで起動することによって、使える場合があります。... [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 01時42分

« Intel MacでClassicアプリケーションを使う | トップページ | EFI »