« Intel MacでWindowsを使う | トップページ | Darwine on Intel Mac(2) »

2006年1月24日 (火)

OpenOSXのWinTel

OpenOSXのWinTelは取り上げる価値無しと思い無視していたが、友人から質問があったので少々書いておく。
MacNNのフォーラムにravenz氏が「Intel iMacでWinTelにWindows XPをインストールしようとしたが17時間経過しても完了しない」と投稿(スクリーンショットあり)し、それに対してOpenOSXの人間が反論している。
OpenOSX側の主張は「native perfomance」とはエミュレータが(Rosettaを使わずに)「ネイティブで動作するという意味」であり、(ホストマシンのCPUである)「Intel Core Duoと同等の速さとは言ってない」とのこと。補足しておくと、Mac版のVirtual PCが遅い原因の一つはPowerPC上でIntel CPUをエミュレートしているためだが、Windows版のVirtual PCはCPUエミュレーションを行わない。ビデオカードはエミュレートされるため総合性能ではホストマシンと同等の速度は望めないが、演算性能はほぼホストマシンに近い性能が得られる。これに対し、WinTelのベースとなっているbochsは移植性を重視していることもあり、Intel CPUで動いているWindows/Linux版でもCPUも含めてエミュレートしており、動作速度は遅くなる。
OpenOSX側はWinTel(bochs)の性能について「10〜20MIPSのPentiumクラスの性能」とコメントしている。Wikipediaによればi486DXで54MIPSらしいが、何れにせよ最初期のPentium(IIやIIIでなく)か、それ以下の性能しか出ていない。
Virtual PCの代用にするには無理があると言わざるを得ないだろう。

|

« Intel MacでWindowsを使う | トップページ | Darwine on Intel Mac(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/8318588

この記事へのトラックバック一覧です: OpenOSXのWinTel:

» OpenOSX Wintel2.0続報 [ぎはんぺ〜じBlog]
先日取り上げましたOpenOSX Wintel2.0ですが,その後,田中俊光さんのBlogで取り上げられていました。基本的には現在のVirtualPC for Macと同じようなエミュレータで,動作速度は遅くなるとのことでした。更に,その性能は最初期のPentiumか,それ以下だそうです。 個人�... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 19時21分

» OpenOSX WinTel は CherryOSの二の舞か [Travellers Tale]
ITmediaニュースの「IntelMacで動作するPCエミュレータが登場」っていう記事に釣られた人はたくさんいたんですが、どうもこれはCherryOSと同じ運命をたどりそうな気がしてます。 [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 01時27分

« Intel MacでWindowsを使う | トップページ | Darwine on Intel Mac(2) »