« iMac Intel Core Duo | トップページ | Intel Mac雑感(2) »

2006年1月11日 (水)

Intel Mac雑感

正式発表され、これまで不明だった仕様が少しづつ分かってきた。

ファームウェアはBIOSではなくEFIが採用されている。EFI上で従来のBIOSをエミュレーションすることも可能だが、MacではBIOSとの互換性を考慮する必要はないので、そのような仕組みは実装されていないだろう。つまり、Intel Macに現行のWindowsをインストールすることはできないし、Intel Mac用のMac OS Xを通常のPC/AT互換機にインストールすることもできないだろう。

ただし、PC/AT互換機用のDarwin/x86のソースコードが公開されているので、これを利用して「動かしてしまう」ことも(使用許諾契約や法的な話とは別に技術的には)可能と思われる。これはAppleにとっては好ましくないと思われるので、次期Mac OS X v10.5の基盤部分(Darwin 9)ではPC/AT互換機用のDarwinは公開せず、代わりにIntel Mac用のDarwinが公開されることになるのかもしれない。

それはともかく、個人的には再起動でOSを切り替えるのは不便なので、それよりもVirtual PC for WindowsやVMwareのような「仮想マシン」でWindowsを利用するほうが使いやすいと思う。CPUエミュレーションが不要なので現行のVirtual PC for Macより速く動作することは確実だ。

なお、Intel Core DuoはVirtualization Technology(仮想化支援技術)が実装されているので、これが利用できればさらに効率の良い仮想マシンを構築することが可能なはずだが、現時点ではVTが有効化されているかどうかは不明である。

|

« iMac Intel Core Duo | トップページ | Intel Mac雑感(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/8113326

この記事へのトラックバック一覧です: Intel Mac雑感:

« iMac Intel Core Duo | トップページ | Intel Mac雑感(2) »