« Intel Mac雑感(2) | トップページ | RosettaのG4対応 »

2006年1月11日 (水)

Intel Mac雑感(3)

64ビット化に関して。

現状、iMacやノート型Macを64ビット化しても得られるメリットは少ない。64ビット化のメリットは2GBを超えるメモリを搭載できることだが、筐体サイズの制約から多くのメモリを搭載することが物理的に困難なためだ。

今回、iMacでは最大メモリ容量がiMac G5(64ビット)の2.5GBからIntel iMac(32ビット)では2GBに「格下げ」になっているが、メモリをフルに搭載しているiMacユーザーがそう多くなく、2GBでも問題ないとAppleは判断したのだろう。

だが、現行モデルの最大メモリ容量が16GBのPower Mac G5の後継機の最大メモリ容量が2GBというわけにはいかないだろう。Appleは当初の予定を早め、今年中に全てのMacをIntelに移行すると言っているため、遅くとも年内には64ビットCPUを搭載したPro向けデスクトップMacが登場することになる。

ここで、今PCを買うことを考えてみる。その場合、「先を見越して64ビットPCを買う」と「64ビット環境が主流になるのはまだ先だから今は32ビットPCで十分」という2つの考え方がある。だがこれは「今、32ビット環境が主流」という前提があるから成立する比較である。

同じことをMacで考えてみる。今年後半になっても主流はまだPowerPCだろう。Macを買うなら有力な選択肢は「先を見越して64ビットIntel Macを買う」と「現在主流のPowerPC版Macを買う」であり、積極的に32ビットIntel Macを買う理由は無いのではないか?

かつての68kからPowerPCへの移行時、最初に登場したNuBus Power Macは(言葉は悪いが)「繋ぎ」のモデルであり、本命は9500以降のPCI Power Macだったと思う。同様に、32ビットIntel Macも、繋ぎの短命なモデルになってしまうのではないか、そんな気もする。

|

« Intel Mac雑感(2) | トップページ | RosettaのG4対応 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159342/8118359

この記事へのトラックバック一覧です: Intel Mac雑感(3):

» 32bit intel macは短命? [ジット☆シスギ]
例のアレとアレが出ました。業界筋の読みどおり、PowerBook(名前は変わりましたが)、iMacラインからの投入になりましたね。 まず、ノートの方。PowerBook G4 15インチの筐体に、全く異なるアーキテクチャの中身を綺麗におさめてみせたのはさすが、の一言に突きます。�... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 14時44分

» Intel Mac [ちくくんblog]
さっきまで、iMac Dual Coreを買おうと思っていたんですが、トラバ先の [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 23時34分

« Intel Mac雑感(2) | トップページ | RosettaのG4対応 »